やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

おしまいとそのつぎ

書いても書いても原家族の悪行は尽きることがないのだけれど、ここらで書くことを終わりにしようというか、諦めようというか…

許さなくてもいい、あの人たちを自分の思い通りに謝らせるとかそういうことはできないって、諦めるんだ。それは…それは悪いことじゃないよ。悪口言いたくなるようなもののことを考えなくて済むってこと。

 

他の人はもっと早くこの工程済んでたとかあると思いますし、その比較をやると落ち込みますが人は人なので。がんばろうね。

 

書いてて楽しいこととか気持ちいいことを優先すべきで、でも、自分の問題はやはり原家族に帰結することが多いのきっついな。

克服するため自分が変わることは値打ちがある?あるなら…いや、あると思うから、そうする。

自分を大事にしてくれなかった人たち、自分が大切に思えない人たちにあてる労力も時間も残されてないんだ、生き急がないと、急がないと…