やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

カウンセリングの記録

カウンセリングのログです。後半の頭のおかしさ。

話したこと
・年末年始の団欒の風潮がつらい、全部燃えてしまえばいいのに
・実家の人々さえいなければ私はよかった、いやむしろ私は生まれてこなければよかった
・実家の人々に金銭的補償要求したいな
・とにかく年末年始の団欒の風潮から幸せの匂いを感じてつらい、
・私だって家族の幸せが欲しいよ

認めざるを得ない、家族が欲しいということを。
あるいは、家族なしでいきていくこと。

日経WOMANのひとりでも一生お金に困らない本とか読んで一人でやっていく覚悟を持ち切り詰めるぞ…と自分を追い込むのは得意なんですけど、多分方向性は違う。
そんなこと言ってたらまあ年始から今にかけて食べ過ぎてるんですけどね…ノルマ的に食べ続けるみたいなことしてた。ほら年末年始ってごちそうで太るっていうし…食べたら年末年始感出るかなって…吐く手前まで詰め込んだ時、さすがに異常だと感じた。

独りぼっちで生きていく覚悟って、周りの手を借りないとか、人間不信の目で常に人を睨み続けることじゃないんだなって気づいた…
いまさらだ、つらい。

人間だれしもが一人でうまれて一人で死ぬんだけどさ、その過程って必ずしもひとりじゃないから…他の人の助けを認めないとき、それはひとりじゃなくてただのひとりよがりじゃないかな。

ひとを数えるときのひとりと、心の在り方のひとりと、ひとからみたときのひとりと、いろんなひとりがあるけれど、ひとりよがりのひとりってあんまりよくなさそうだ。

ひとりよがり、きっとたくさんやってきたんだろうなと落ち込む。

 

どこを見ても地獄と孤独ではあるけれど、そんな中で見つけた心安らぐものから、目を背けてはいませんか。
それが必ずしも自分を全部助けてくれるとは限らないけれど、少しでも慰みになるのなら抱きしめていきませんか。

ちなみに…ペットを飼い家族とする、という案がありますが、私は生き物は向いてないと思うので…
自分が世話をしなければ弱るものが傍にいるって調子悪い時に何やらかすか分からないから…かわいがるとか、いじらしくおもうとか、そういうのを私はできるのか、受け止めきれるのか。などなど。
その身勝手な自意識の罪滅ぼしとして動物保護団体に寄付したりはあります。
犬猫苦手なのはこのあたりかなあ…自分が何かしてしまったら詫びても詫びきれないし、命を自分の手元に置くこと、なるべくしたくない。

とか話してました。

それで、今年の目標設定としては、自傷トリガーをなくし自傷発生件数0件です!

KPI立てました、元気にやっていきましょう。

生きない理由を作りたくないよ。

marshmallow-qa.com