やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

余談-20201128

内省を書くこと、わりと負担になる。

母から受けた理不尽(と私が思っている)詰めの中に、被害妄想を相手にぶつけるというのがあった。

「またヒスおこしやがってと思ってるんだろう!」
「違うってば!」
「何が違うんや!言ってみろ!」
泣きながらこんなやりとりしてたな。小学生だったか、もっと歳を重ねてからもだったか。

相手を挑発して反応をコントロールするのってモラハラなんですよ。

そう思うと、母親の「お父さんがお前は路頭に迷うと言っていた」などの脅しも、どこまで本当のことかわからんね。

母親がつらい思いをして生きてきたのは事実なんだろう。
学歴で扱いが変わること、就職での差別、結婚したら義実家がクソだった、夫が育児をしない(保育園の送り迎えを、スーツが汚れるから嫌だと言ったり、母が腱鞘炎の時も手伝わなかったり、でもカメラは買って子供の写真撮るとか)、自分の兄弟が使えないetc
うん、とっても気の毒。かわいそう。でも私は手伝わない。

母のカウンセラーではないし、母の代わりに自己実現はしない。

私はね、私のやりたいことをやるんだよ。

母親、父親、弟の物に溢れた部屋は、満たされなかった人生の代償なんだろうか。
みんな何かを得たがっていたけれどそれは自分では得られないものだったのかな。
物があれば、お金があれば、幸せになれると思っていたのか?
なんというか幸せなときにたまたま物やお金が手元にある状態はわかるんだけど、海外旅行に頻繁に行って(年4回)、かばんとか高価な宝石とかがあって幸せ?うーんわからん。多分わからなくていい。わかる必要のないことだ。

ちょっとわかってきたかも、旅行したいのはわかるがお金をかけることでこれまでを取り戻そうとしてたのか、あの人たち。
私も旅行はしたいし、ご時世が許せばまた海外に行きたい。
でも、若いころにできなかったこと、夫婦の絆の再構築をお金ぶん回しでやるの、頂けないな。

絆はお金じゃなくて、会話とか、お互いを見つめることで構築するんじゃないのですか?いやまあお金はあったほうがいいけどさ…
分かりやすいように言うと、「怠るな」って言ってんの。

今まで夫婦で怠ってきたことを子供に押し付けて、むき出しの自分が傷ついたとかどうとか感情の始末をさせて、でも自分の傷に向き合ってこなかったですよね。
むしろそれが傷とすら気づいていなかった。

お母さんあなたもアダルトチルドレンだと思いますよ。だから、ここから先は、ご自分で。私はもう引き受けない。あなたに私を乗っ取らせない。

とここまで書いたが、潜在意識の中にいる母親がまだ出ていってない感じしてきついな~。

発達障害の診断名とかさ、いろんな縛りがあって、でも、やっぱり、前向きに生きていきたいなと思うんです。

marshmallow-qa.com