やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

誰より愛をくれる人は誰?

変わりたいと思いながらいまいち変わり切れなくて、そうこうするうちに寒くなって鬱の波にのまれているうちに分かったこと。

条件付きの愛を自分に向けるとき、それは人に向けることと同義。

私は出産するつもりないしこの先社会の役に立てるかなんて分からない、だから、変わる値打ちがないのだと思っていた。ああ、どうにも出生にこだわっているね。
多分ねえ発達障害が遺伝するから、とかじゃなくて、なんかまあ自分が産みたくないから…っていう理由。産みたくはないが、自分の納めた税金が子育てに多く使われたらいいなと思うし、ふるさと納税先もそのようなところを選ぶようにしている。

出産しない、長生きもわからない、何らかのロールモデルにはなれないかもしれない。それ以前にあなた方のきらいな発達障害ですが~~~~~~~~~(ここで世の中を睨みつける目になる)
それでも自分を愛していけないということはないし、自分が変わってはいけないということはない。

もう、やめたんだ、やめなきゃいけないんだ、自分をいじめることの数々。
発達障害は嫌われるとかも自分がそう思うからそうってとこあって、実際はどうなんだろうね。私が嫌われるときの理由、発達だから、じゃないと思うよ…発達障害が故にうまく振舞えないとか諸々が積み重なって、だろう。

あと、人に好かれようと嫌われまいとして「だから発達障害はダメなんですよね!」って声高に言うのも自傷ですよ。自分の一部をそうやって否定するの、誰も頼んではないこと。

頼まれてないことを熱心にやって心をまた傷つけてダメになる季節、少しでも良くしたい。

※なかなか限界があるのでよかったらマシュマロください。よろしくお願いいたします。

marshmallow-qa.com