やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

取り組む姿勢の変化と話したいこと

「人と協力してなにかをやる」ということが苦ではなくなった。
(※自分にはコミュ力ないし、などの理由で避けていたのだが)
期日切って周知する、根回しとまでは思ってないけどスムーズに事が運ぶよう適当にいい感じにやる、協力してくれた人にお礼をする、などなど。当たり前のことですが…
もともと嫌いではなかったけれど、「私なんかが」が邪魔をして、やろうとしてこなかったんだな。
対面の飲み会とかは得意ではないから他の人に投げるだろうけれど、それ以外ならとりあえず手を上げて周りを巻き込むの、好きです。
今の「周り」の皆さんが良い方ばかりだというのもある。

とりとめもないなあ。

相変わらず気圧とホルモンバランスの組み合わせで夜間に発熱したりと、どうしようもないのは続くのですが、それでも眠れない夜は減った。食事が億劫でなくなった。やることを減らしてゆとりを持って暮らすことが、楽だとわかった。

そして楽が続くと、ふっと希死念慮が出るから厄介。
ここまでできたから、もういいよね、って。
まだ治っていないのだな、と思う。

鬱をやってから、自分の中のASDの要素が強くなったように感じる。
想像力が落ちたというか、効かなくなったというか。
創作物が楽しめない。空想が分からない。かろうじて、舞台は、なんとか、なんとか…楽しめているはずだと信じたい。
仕事以外の、実利に繋がらないことは無価値だという価値観が目の前を塞いでいると気づいたのは、そんな昔のことではなかった。

これね、気づいたの、昨日ぐらいなんです。
どうも創作物が楽しめなくて悲しいな、と思っていたら、これ。

また漫画とかアニメとか楽しめるようになるといいな。百合も読んでた気がする。
24年組が好きなのは覚えている。手元に紙の漫画もある。
2016年~2018年にかけてが一番アニメ見てたなぁ。コードギアスで始まりコードギアスで終わる高校生活、あとはまりあほりっく見てたの覚えてる、こどものじかんみつどもえ等々…普通にオタクやんけ。
弟の少年エース読んでた、あっ絶望先生もみてた、らきすたも…
大学入ってから遠ざかったのもあるけれど、ふっと「実利でないから楽しめない」という方向にスイッチ入ってたな。

もっとも、言わないだけでこういう人少なくはないのかもしれない。分からないけど。

くらしが安定してきたら希死念慮の波が来てよくないということと、創作物を楽しみたいな、という話でした。
なんとか生きていきたい。たくさん結果を出せなくても…

marshmallow-qa.com