やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

数字

「父親の年収を越えないといけない」
これは復讐心、これは義務、これは…なんだったんだろう。なぜ越えないといけないのか。

父親への嫌悪感と、何らかの要素で父親を見下したい気持ちがあり、いっぱしのビジネスパーソンとして振舞って成功せねばならないと考えています。
が、それって、どこから?

とまあ現場業務と自社業務を多めに貰っていっぱい考えているうちにあまり続けて寝れなくなって、突発で休みを取ったけどそれも追い付かず、社用iPhoneは開かないまま通知が溜まっていて、溜まっているなあ…と眺めていた。

休みも自己研鑽当たり前、技術を身に着け必要とされるエンジニアに、技術だけでなくより高い人間性とかそういうのを…て思って、自社内の評価基準印刷して目に付くようにして、少しでも上にとか思ってた、思ってる。
ただそれが、いまいち自分の中に入ってこないとき、ダメなんでしょうね。

去年実家を逃げ出したり、その前に転職があったりいろいろあって、年収がかつてないほど目減りして、だから今年は稼ぐぞって決めたけど具体的なことがあまりできないまま8月もそろそろ折り返そうとしている。
無駄にした時間でどれだけ稼働できたかな、みたいな、また自分を追い込んでしまうね。

自分の価値の維持向上のためだけには働き続けることできなくて、そっちに振り切ると途端に寝れなくなったり食べられなくなったりする。無理してるのだろう。
とはいえ何もしないわけにはいかない…という焦り。

私が、私のために働いたり、休んだりも生産だと思いたい。

お金だけじゃなくてそのほかのことも、数字に縛られず生きていきたいね。

marshmallow-qa.com