やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

30歳は何者か

30歳で年収500万円という話を昨晩聞いて、届かねえなあ(血涙)となりそのままひっくりかえって寝ました。

みなさんどうですか、30歳、順調ですか、まだですか、もう過ぎましたか。

 

就職したあたりから、うっすらと、n歳になったらこうなってるんじゃないかということを思っていたのですが、思ってるだけじゃなんにもならないということは何度か気づいていました。

年頃(定義?)になれば結婚に関心を持つとか、結納とは、ドレスは、両家顔合わせは、結婚は家と家のお付き合いとかそういうの、あると思ってたんですけど、
まず自分の家!!!!fin.て感じなのでほんとうになにもなかったな笑

しかし弟は結婚するっぽくて世の中分かんないね、まあいっか。

そもそも絵を見てもらうためのTwitterアカウントだったのが婚活の話をするようになり、喪女要素だったり、観劇の話をしたりコスメの話をしたり色々しているうちに今に至って、精神疾患の話とか生き辛さになってしまって。そればっかりが人生でないがそれも私の人生なので、バランスはとりたいね、というところ。

経理だったのがエンジニアになったし、プロパーだったのが技術派遣だし、販管部門だったのが売上の数字つくるほうになったし、わかんないね、これも30歳なんだ?ってなってる。

ちょっと前に32歳腐女子はてな匿名ダイアリーが話題になっていたけれど、私も十分その32歳側なんかな、どうなんだろう、今年に入って人の離れ方が顕著になったからやっぱりそうかもしれない、と虚無を手にしています。
友人側はどうだろう、そもそも「自分が誰かの友人の確信」がないとあれ書けないのではないか。

そういえばデパコスにやたらアンチみたいな姿勢の時期があった、お金かけるなんて、みたいな。あれなんだったんだろう、今でも引きずってなくてよかった。引きずったり変な姿勢取り続けると、それが染みついて抜けなくなって、ずっと卑屈のままなんだ。

30歳って何者なんでしょう、私は私にしかなれていないけれど、みんなもそう?

marshmallow-qa.com