やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

余談-20200716

今月からちょいちょい深夜帯の作業に入るらしい。インフラエンジニアらしい感じになってきたかな、いかんせんお客様環境の借用許可がおりる時間帯にあわせて作業せねばならんので仕方ないね。

〇〇(※職業)として、みたいな発言はしないでおこうって思ってて、職業の人であるまえに個人なんだよって。インフラエンジニアとして!なんて大きいことは言えない、主語は「私は」にしとこう。そんな大きいこと言えないだろ。

私の命はどうでもいいのかよくないのかとかの選別を無意識にやっては悲しくなっていたけれど、それって多分今はやらなくていいことで、いやまあ死んでも誰も悲しまないかもしれないけど検証しようのないこと・検証して好影響が見込めないことは別によくないか。人を悲しませるために自分の言葉をつかうのはやめたいよ…このあたりも自傷なんだろうか。試し行為?なんにせよ、やめようね。

なんで厳しい言葉と厳しい振る舞いを好むのだろう、確かに世界は今大変なことになっているが自分が苦しいほうを選ぶ理由にはならないのではないか。

自分に優しく人に優しく、温かく生きていきたいね。

明日もよく働こう。

marshmallow-qa.com