やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

夏越の祓

 これ去年の。今年も水無月を食べながら書いています。

fis-moll.hatenablog.com

今の弊に入社して一年、給与が上がったり下がったりでなにこれwってなりながら、でもひとえにエンジニアとしての自己研鑽は足らないわねという冷静な自覚と悔しいなあってなりながら働いています。

体調は…やっとコントロール効くようになってきた感。寝れるようになったのが大きい。え寝れるのって当たり前じゃない?ていうそこのあなた!そうなんですけどこれが結構難しくて、2年くらい睡眠が下手だったのがなんとお昼寝ができるまでになったのですごいんですよ。よかったねぱおぴぴちゃん。
あと熱出したり怪我しても怒られない環境なのがいい。たまにびくびくしちゃうけど慣れだ、慣れ、やさしい世界への慣れ。
優しい世界にいるには自主性とか発信力とか、適度に空気読んだり読まなかったりするのが要ります。

優しい人たちに支えられながら私が私をやっていく毎日の連続で、卑屈な目をして世の中をにらむ必要は本当はなくて…これも癖になってるな。やめようね約束。

理不尽は多くある、世の中はままならないことだらけ、当たり前が当たり前じゃないことも、たくさん。特に私は人より多く説明が要るし、説明したところで受け入れてもらえるかは別の話。

そして、何界隈とかなくて結局私は私なんだ。いろんな属性を持っているよ、ってことでアカウント分けてないとこあるな。誰が何語ったっていいだろみたいな。

自己憐憫と感傷を必要としたり、しなかったり、その時々による、自分でも目まぐるしくてびっくりしている。自分で自分の考えとか行動についていけないときある。今もね。

最終的にどうなりたいかって、十分な稼ぎ(やはり、ひと一人養う余裕欲しいなと思う!)と時間、自己研鑽を続けるマインド、願わくばあたたかでやさしい心とほどほどの体力を持ち合わせて、心身共に健康に生きていきたいので。

七月からはまた観劇ができそうだ、音楽もできる、その中で私はどうする?
せっかく見えた希望を逃すまいと必死な毎日それも悪くないので、なるべく元気にやろうね、約束だよ。

やっていきたいぱおぴぴちゃんにマシュマロください!

marshmallow-qa.com