やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

通院/対人関係のこと/詰め込んでいた

  • 通院
    心療内科の通院をしていました。
    心療内科自閉症スペクトラム障害の診断が改めておりた後は、薬でどうにかするってもんでもないし、「自閉症スペクトラム障害が好きな医者が、医者の観点からいい感じの言葉を投げてくれる」という場になりました。

    で、まあ、医者は何にもしてくれない!って言うけどそれしかできないんだよなぁ。理解ある医者にあたっただけでもよしとしましょうよ、とは思うの。

    そこから先のやっていきは自分次第で、で、自分次第なところは、診断が降りている人も降りていない人も一緒なのかなと思います。降りてない人よりつらみ深いかどうかはその人次第だなあ、わたしはつらくなったり、でもそのつらさって正体なに?てなったり。日によって違う。

    つらさが極まって人に当たり散らすと大変だ、自己嫌悪も大変だし当たり散らしを受けたほうはつらいだろうと思う。人につらい思いをさせるのは本意ではない。(一般的にアスペは想像力ないって言われるけどこれくらいは考えられるようになりました、のはず)
    ひともじぶんもあまりつらくさせず、どうにか折り合いをつけて心穏やかにやっていく方法はこれからだと思う。

    ああ、遅いな、何もかもが。ふつうこれくらいわかるでしょ、ってことに今気づいていちいち驚いている。バカかな。(つらくさせないといったそばからこれ…)

  • 対人関係のこと
    人が言っていることは全て本心ではないことがあり、またその後ろには思考が伴う、ということに気づいたのも最近だ。
    全部字面通りに受け取り、その発言の気持ちとは?とか全然わからなかったのと、見る気もなかったんだろうな。だって私の解釈が正しいと思っていたから。

    気づいたのは人が離れていってから。失ってから、心地よさが減ってから。
    誰かの犠牲のもとになりたつ心地よさなんて、まやかしにすぎないからそれでよかったんだろう。
    双方にとって良いor負担の少ない、無理のない付き合いでないと長期的には難しいね。長期的に、ってどれくらいをさすのかはさておき…

    物心ついてからの記憶だと、親戚づきあいを壊したことがある。
    小学生のころ、叔母(父の姉)が言っていたことを母に伝えたら激怒され付き合いの分断があった。
    もともと母は父方の家系が嫌いで、父の姉のことも祖父母(父の両親)のこともずっとずっと悪く言っていたし、それを毎週末朝ミスドで聞かされていた。わりとつらい。その時は、悪口を聞いて共感して母の味方であることが正しいと思っていたし、親子関係はそんなものだと思っていた。ミスド代出してもらってたし…って小学生ならさすがに親に出してもらっててもいいよね。

    そんな中で、父と叔母が集まっている席にいて、そこで聞いたことを母に伝えた。事象としてはそれだけ、しかし内容が悪い。
    ただでさえ母親から叔母への好感はなかったところに伝聞で聞いた内容、あまりよくない内容。そしてその時の私は、言っていいことと悪いことの区別もついていなかった。

    父方の実家でそれをやらかし、冷え切った空気、私の白髪を延々抜き続ける母親(その時から白髪があったので…)、なにもかもがおわり。

    その後なんとなく会話とかしてたからどうにかなったのかな…わからん、ちなみに叔母の娘は現在行方知れずらしいです。逃げたんかな。

    叔母もまあまあおかしいけど好きでも嫌いでもないしどうでもいいからいいや。
  • 詰め込んでいた
    5月末から6月はずっと本読んで知識を詰め込んでなかなか動けないでいたけれどそろそろ行動しよーってなりました。
    たぶんある程度まで詰めないと動けないのだと思う。気落ちするまで詰め込んで自責がきついのはよくないことだけれど…やってしまうなあ、視界が開けるたびに自分はダメだという思いが強くなる。

    歌って踊って勉強して美味しいごはん作って、外にも出かけて楽しく暮らそうね。本来明るい楽しい生き物のはずがすっかり迷走していた。

よかったら教えてください、私の第一印象と今の印象、こうしたほうがいいよとかそういうの。聞かせてください、私がどんな人か。

marshmallow-qa.com