やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

余談-20200611

実家で、家庭で安心して暮らせなかったって話はしてたっけ。してたね。もう過去の話だけれど。

ふと、私を苦しめてきた母親の気持ちに寄り添ってみるとか、母親も大変だっただろうな、頑張ってきたのに毒親呼ばわりされてかわいそうに、って思ったけどなんで寄り添いたいんだろうな。おかしくない?と思ってやめた。

ひたすら母親の立場になり、母親を幸せにしたいとか救いたいとか思っている自分がいて、母親に報いたい家族に報いたいだからお金使うみたいなことしてた。

あれだけ私を苦しめてきたのにね。

そのときはかわいそうになって気の毒に見えて、私が助けてあげなくちゃと思っていた。物心ついてからずっと、母親の、父親や血縁や親族についての文句と愚痴を聞かされて、幼いながらに受け止めてあげなくちゃ、この人を楽にしてあげなくちゃと思って対応してたっけ。

それってやらなくてもいいことだったんだなあ…義務教育年齢の子供を大人の話し相手にするのってやっぱりよくないんじゃないかな、どうかな。

どうかな、と言いつつ、今はふと毒親育ちの人とか、自分が毒親かどうか悩む人に寄り添う活動ができたら、と考えています。

ただ自分の気力が足りない状態でやっても共倒れになってメサイアコンプレックスじゃん…てなるからまずは自分が元気に過ごすことなんだけどね。

誰かを助ける前に自分を整えることだな、と思うのと、発信は続けたいというのでブログ書いてます。

マシュマロ、何かしら投げていただけると励みになります。よろしくお願いいたします。

marshmallow-qa.com