やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

今年二度目の転職活動

VirtualBoxに入れるCentOS7のダウンロード待つ間に文章を書く。

全然無事じゃないけど無事に退職勧奨受けて五月末exitが決まりました。なんと特別慰労金付きです。
今年いろいろありすぎじゃない?大丈夫?全然大丈夫じゃないけど?
離職票に退職勧奨って書いてあれば失業手当はやめに貰えるらしいですね。
これは実体験まとめてどこぞに書いておけば役立ちそうだ。

会社の言い分としては、「中途採用なのに仕事の出来が悪すぎる」が主なところ。経理経験あるから採ったのに…らしい。いや経験あってもそこでの成功体験に再現性があるかは別の話やで、ミスマッチは会社の責任では?と思ったり。
金にものをいわせた中途採用はやめたほうがいいよ…と思うと同時に、ミスマッチまで責任取れないのが転職エージェントなんだなぁって。雇用の在り方も変わる時期ですし、雇う側も雇われる側も姿勢を変えなきゃならんのでは。

しかしながら、現職に就いてから見事に体調ボロボロになりメンタルも一時期落ちたので(これはexitを決めたら落ち着きました)まあそういうことなんでしょう。
しばらくは心身の静養を心掛けながらあまり負荷のかかりすぎない仕事をしていきたいと思います。いや、そうします。

というわけで水面下では今年二度目の転職活動を行っておりまして、次の行き先は金曜日にfixすんのかなあ、という気配です。
今の自分の体力と気力で無理せず仕事できるとこがいいな、と思ってたら、客先駐在のヘルプデスクに呼ばれたようです。で、その最終面談が金曜日というわけ。
そこがだめでもほかにも書類通ってるしなんとでもなるでしょう。
しかしながら、エンジニア求人多いのなあ…と某転職サイトを眺めて感嘆している。
こういう言い方してはよくないのだけど、私みたいに大した資格もなく常に半泣きで勉強してやっと人の八掛けくらいになってたエンジニアもどきでも需要はある。って売り手市場なのかねえ。

 

なりたいもの、はぼんやりと見えてきて、粛々とそこを目指すのみで、ありがたいなと思うのは適切なタイミングで適切なお言葉を下さるTwitterの皆さまです。
お礼させていただきたいのにそれすらもままならないのがオンラインの歯がゆさなれど、せめてかけてもらった恩に見合うようなビジネスパーソンで在りたいものです。
そのためにも今そして次の職でしっかり心身落ち着けて無理なく飛ぶ準備だなぁ。
相変わらずメンタルの薬は減らないし、婦人科系疾患も落ち着かないし、そういうとこ見るとしょんぼりしちゃうけど、できることと恵まれた環境にフォーカスして行動あるのみですよ。

昔から関心のあった経済特に会計学方面に加え、ひょんなことから手にしたITのスキル、高校時分からなんとなく触れてきた英語の強化、今できないんだったらそれは今後の伸びしろがあるということで、やっていきましょう。
言葉じゃなくて行動と結果で示しましょう。

このままぬるっと生きていくのも決して悪いものではないんだろうけれど、楽しいかというと別でして。無理が効かない心身なれど、観劇のオタクも音楽もやめられないんだけど、それはそうとしてやはり高みを目指したい。
これは上昇志向なのかなぁ。どちらかというと咲ける場所を探している感じ。
で、そのために持ち物多くして選択肢は多いほうがいいよねというところです。何もなしで愛してほしい、が通用しないのと同様に、何もなしで咲きたいだなんて甘ったれたことを言うんじゃないよと自分に言い聞かせて。

具体的に何をどうやってるかはまたオンラインで公開しましょうかね。それこそRedmine使えば可視化しやすいし。

それにしてもCentOS7のisoダウンロードが終わらない…無線だと時間かかるのな。