やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

梅雨入りの夜

ふいに今この時点から一年間を振り返ると、
彼氏つくるだとか婚活みのあることをいっていたわりに成果はないし興味も薄れるしちょっと今それどころじゃなくなってるし、
痩せてもないし、知識がさして増えたわけでもないし逃げ癖は治ってないし、あとなんだ…そんな目立った成果が出ていないの少し悲しいところ。
でもポータルサイトは立ち上げたし、過度に自分を責めて自傷みたいに落ち着くことはなくなったし、自信のなさを虚勢で埋めることもしなくなったし、いいのかなあ。いいんでしょう。

 

朗らかに暮らす、もハードル高いことあるけれど、やるべきことを淡々とやる、お気持ちよりも事実ベースで対応する、ならイメージがつく話。
と、これは最近観たミュージカルに影響されてのこと。お気持ちを表出するより、感じるより、先ず事実をみてそれからだよなぁと思うのです。

 

思えば運で生かされてきたような人生、そこを恥じることはないけれど、持ち前の運に実力もつけてさらにキリっとやっていきたいものです。
無理できる範囲も知れているし健康第一楽しいこと大好きはやめられないけれど、やるべきこと積んでその先で調整しましょう。目指すは高みです。あ、久しぶりに高みを目指し始めた!

年甲斐なんて知ったこっちゃないし私についてこれないなら要らないし、私は尊重されて当然くらいの勢いで(しかしそれは傲慢に振舞うということではない!)輝いていきたいなと思う梅雨入りの夜です。やるぞ。