やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

涙涙で更ける夜に

ひさびさに、
自分は誰からも愛されない守られないのではないか、という思いが頭の中に渦巻いて、泣いたり吐いたりそれはそれはつらい日でした。

まあ、例のTOKIOのメンバーの件で、セカンドレイプ事案を多く見すぎたね。みんな他人のことは好き勝手言えるんやなあ、その口ホッチキスで閉じて二度と開かなくても不自由なさそうね、と思ったところ。

実際のところ、愛されていないとしてもこの先も絶対にそうだという保証もないし、私がそう思ってしまっただけのことで。
過去の事象をそう思っていても今の自分がそうなのかはまた別の話なのに、なあ…
関係のない事象を無理やりくっつけようとしてるの、どう考えても疲れているね。

私は私のやり方で望むものを手に入れたい、と思いつつ、それを他人に期待できないあたりお察しで。
そもそも、人と違うやり方で勝ち抜いてきたのに今更人と同じを狙ったところで効かないんだよなぁ…笑
ないものねだりですけど、ゼロからイチのほうが面白いので、今日も明日もその線で、と思ってやっと泣き止んだ。

愛されなかった記憶が根深いのは幸せなことではないのだけど、言うてても埋まらないものという自覚を持ちまたそこに付け入るすきがあるのもわかり、また変な人に惹かれるのは理解者がほしいとかいうとこかな〜と解釈し、ああなんて人間らしいんだ、とある意味感嘆した。
わかってほしい、って普遍的な欲なのかなあ。
でも求めたらキリがないから程々に。所詮はみんな他人なのよと…拗らせて肥大化した承認欲求ほど醜いものはない。

すごくすごくつらくても時間は過ぎていくもので、勉強したいこととかWBSひいてやっていきましょう。

すさんだ心で考える年相応のあれこれのなかにかれしほしいかどうか、がありまして、
でその存在に何を期待してるんだろうな、みんな…?と思いまして。
人に守られることを期待できなくなった身としては、自分を害さない存在でないとな…とか当たり前のことを思ってしまった。
そうでなくて、理想はもうちょい前向きな言葉で語られるべきで…
そんなもん私は尊重されて然るべき存在だから害さないとかいうのは当たり前過ぎて条件にも入らないレベルじゃない?大丈夫?つかれてない?て思ってやっぱり疲れてるな〜と笑
…ほんとのこというと、わたしについてこれるような人じゃないとダメだよ、と思っている笑
ついてこれないなら近寄らないで結構。安く扱われる謂れはないんだ。

涙涙で更ける夜に、綴る言葉は案外前を向いていた。
そう、後ろ向きに無為に過ごせるほど、もう時間は残っていない。