やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

家を出る前の心境整理①

どこで家族のボタンを掛け違ったのか、については今更問わない。
行き場のないしんどさで潰されそうなので、心境整理のために家族の話を書いていく。①ってつけたのは今後も続く気がしたから。ごめんなこんな話で!

 

親(母親)から見て、大した資格も貯金もなく見た目もみすぼらしく無職なのに遊んでばかり、と評されて、期待はしていなかったものの何も感じないところに達するまでにはまだ時間がかかるなぁ……としょんぼりしています。

30手前でもうおばさんで、普通の会社なら部下がいるような立場なのにまた新入社員をやる、しかも次はSESで、名前ではなく「派遣さん」と呼ばれる立場、趣味にばかりお金を使って、もう30手前ならマンションでも買おうかと計画し始める時期なのにお前は、って。
仲のいい友達の職は世間的には高収入だから、そんな友達に合わせて遊んでいるのは身の程知らずだって。
それが世間なのかなぁ。

宝塚とか観劇の趣味でできた人脈、Twitterでできた人脈は食わせてはくれないけれど、あなたみたいに友達がいなくて毎日ワイドショーみて文句を壁打ちしているような生き方よりかはマシだって思ってるよ。よかったね、海外旅行を機に父との関係が良くなって。それまではモノとの接し方であり対ヒトじゃなかったよね。
交流会での人脈イキりはあなたも同じだ。自分が出た勉強会でいくら名刺を集めたか、それが次の仕事につながりそうだ(つながっているかは知らない)と自慢げに話す相手はいつも私。私を手放せないのはあなたじゃないですか?

母は父を教養がない等と小馬鹿にしたような態度をとることが多く、何かにつけて「やってあげている」の姿勢が多かったけれど、それって対等なパートナーシップじゃないですよね。結局誰かを踏み台にして自我を保ってるんじゃん、って気づいてた。
あんま親子だからって思わないほうが楽だな、籍と血縁があるだけ、くらいで。

私名義のあの通帳持って逃げたらすぐ一人暮らしはできるな、家と縁を切る覚悟がいるけどまあいいでしょう、切れちゃったって寂しくはない、きっと、多分。

メンタルの減薬~寛解(今レクサプロ上限まで入れてる)が先か、家を出るのが先かわからないけど、なんとか生き延びたいしキャリアアップしたいし、次の職を超えた先にやりたいことがある。強くあらねばならない。

なんかこうやって振り返ると、自分のパートナーシップ観って両親の在り方に影響されてたんだなとグサッとくる。あの人たちがほんとに幸せそうにしているの見たことないから自分には得られないと思っていただけで、そうじゃないのかも。

 

家を出よう2019

今日は愚痴だよ!

30歳になるまでに実家を出るぞと決めた29歳(2019年6月24日時点)です。

実家を出るに至れなかった理由は、ひとえに立地の良さからでした。今でも立地はSRだと思っている。
7月から新たな職場に転職するということと、そこで住宅手当があること、住みたいなと思っているエリアと職場予定地が近いこと等々に加え、家族からの干渉がいい加減キツいのでこちらから去るに限るなぁというところです。

…てなことがございまして、思えば私は母からうまく褒められたこともないし、いつもいつも期待通りにいかないと落胆され通しで、でも母だって「母親業」が向いているとは限らないので、もうこれは物理的に距離を置こう、と今更ながら。

これまで似たようなことは何度もあったし、物心ついてからずっと「この人は母親ができるのか」と違和感があったし、何よりも「お前を産まなければよかった」オーラを感じるのがしんどいので…

しっかしひどいよなあ、毎年ビューティーをアップデートしながら日々たくましく生きているこの私に向かってなんてこと!
あなたの見えないところでメンタルをイワせたり卵巣をイワせたり色々あったんですよ、言うと面倒が起こるから言ってないだけで。
そりゃ確かにドグマチール(メンタルのお薬・食欲が増進しすぎて太りやすいから気を付けてねって言われてる)入れてるから太るのは気にすべきとこだしそれでも体重増えてああ…ってなりながらやってるけど、醜くなるだけ、まで言われちゃうとな。
自分自身に手をかけた分だけ自分らしく美しくいることができる、と信じているので、あんまりな言われように一周回って会話が成り立ってんのかな、と思った。

私と弟を産んでから「母親業」に身をやつさざるを得なかった人から見ると、この年齢で何の責任も負わずふらふら転職を繰り返しているのはイージーに見えるんだろうなぁ。実際は首の皮一枚で生きているけれど。
私自身からの「女性的なもの」にも嫌悪感があるらしく、もうどうしようもねえなあ…と思いました。
なんにせよ、不健康で不健全なものを感じたから、これにて距離を置くのです。

10月の演奏会&基本情報技術者試験、11月の簿記検定2級、12月の演奏会とイベント続きなのですが、それらに丁寧に向き合いながらちょっとずつ家を出る準備と物件探しを進めていきます。
生活の固定費を下げる工夫、具体的には趣味にかかるお金もほんのちょっとずつ減らしております。遠征する対象は絞る、観劇回数を少し減らしてその分より真摯に観ていく、などです。
お洋服やお化粧品もむやみに買わないよう習慣づいてきたから、あとは家計簿をきちんと振り返ること(これがなかなかウッてなるけどやらないといけないんだぞ!)、余剰資金作って投資を…とかとか考えています。

一生楽しく浪費したい側のオタクだからこそ自立してたくましくオタク稼業やっていくぞ!

本を読む/化粧品/着るもの/髪色

掃除をしたつもりが一部埃が積もった個所を発見しあぁ…ってなっております六月折り返しすぎです。
今年二社目の入社書類を書いたりお勉強したりして過ごしております。
TOEICは目下の目標600点に設定してやっていくか~とかそんな感じです。ぼちぼち。

  • 本を読む
    これまで技術書とかお勉強の本ばかりだったのを、毎月一冊そうじゃないのも紙で買って読むようにしようと先月から決めました。
    kindle+お気に入りの本で分厚くなくて人に勧めたいのを持ち歩くとよさそう。
    読んでよかった本につきましては、↓で紹介したい。このブログは考えたことめも、ポータルはきちんと書く用でなんとなく分けているので。

  • 化粧品
    誕生日まで化粧品買わないチャレンジをしておりまして、無事買わないまま29歳を迎えたのですが(その鋼の意思に拍手)、今度は何を買うかでうーーーーーんと悩んでおります。
    無印良品の、自分だけのメイクパレットを作るやつが魅力的に見えてきました。というのもお仕事メイクのためにあれこれ買いそろえるよりも、エイッとパレット作れちゃうのが楽だなぁと思ったからです。足りなくなったものは買い足せばいいしね。

    f:id:Fis_moll:20190617220553p:plain

    こんな感じで作ったらお仕事メイク楽になるかしら、と模索中。入れたいもの詰め込んだら案外かかっちゃった。
    イカラーのシルバー(真ん中の、紫のハイライトの左下のもの)はお仕事後にお出かけのご予定が入ったときに上下黒目の上に入れたらよさそうだなと思ってチョイス。あとはパーソナルカラーに即しているのだけど、パウダーファンデーション(右上のもの)の色味が合うかどうかが微妙だなぁ…現物見て決めないといけない、と思っております。合わなかったらMACにすればよい(信者)
    これ+ベースメイクはMACの下地、ツールはUSUIのメイクブラシ一式あれば足りるでしょう。リップは色付きリップくらいが気軽でいいのかもな、と思いつつMAC使いたい心境。お仕事メイクにも楽しさを見出してやっていきたい。
    ところでMAC公式見たらリップが豊作でニコニコしてしまいますね。かわいいは大正義だ。
  • 着るもの
    身につけるもの全般でいうと、下着>ストールなど首に巻くもの=上着>靴とかばん>お洋服>お帽子とアクセサリーくらいの優先順位なのですが、次の職に臨むにあたってオッこれはお洋服の事なき率を上げないといけないぞ…となってきたので着るものに悩んでいます。
    おしゃれ目的じゃないストッキング(義務感があるやつ)がとても嫌いなのであまりストッキングをはかなくてもすむコーディネートにしたいです。できるんかな。
    あと、7月は着飾る推しごとがあるのでそれ対策でワンピースを買いに行きたい。
    フィットしてしまえばGUでも何でもいいんだけど、それまでの試行錯誤がかかるよねお洋服は。
    お靴は

    ORiental TRaffic | オリエンタルトラフィック

    で買うことが多かったのだけど、最近は

    CHARLES & KEITH公式オンラインストア

    が気になっています。
    お仕事用といえども愛せるものを履いていたいんだ…どうせ一年はあっという間に過ぎるんだから少しでも自分が好きなものを身に着けていたい。
  • 髪色
    今ダークグレー(ほぼ黒にしか見えない)にしているのですが、久々にくすみピンク~ピンクベージュ系に戻すか迷っております。

    小中学校、大学、社会人と変な人に好かれたり嫌な思いをするとか(首絞められたりとか嫌だと言っているのにべたべた触られたりとか)があったとき、思えば見た目があか抜けてなくてナメられてたのもあるんかな…?とふと思い、
    ナメられないようにするためには、を意識して見た目をあれこれしてて、髪色を明るくしたら嫌な思いをすることも減ったのです。
    ナメられるって多分髪色だけの問題じゃないのでしょうけど、自己肯定感とか強さの意味合いも込めて髪色はこだわっていきたいしもっさり見えないようにしたい。

    去年~今年一月くらいまではインナーカラー入れてたので、髪の毛の一部はピンクベージュでそのほかはダークトーンにしていてその時もなんかしらんけど「おうわたしはやってやるぞ」みたいな圧を自分から放っていたので、髪色は大事っぽいです。どうしよ。

28歳まとめ

わたくしぞう氏の29歳前夜祭の本日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

28歳を振り返っておるのですが、なかなか波乱でコンテンツ力高くて面白いなとなってます。

時系列で書きますね。

    • 2018年6月
      お仕事…ほぼ毎日泣きながら仕事する。このころからキャパオーバーでメンタルをイワせていたようだ。よく仕事帰りに友人に駆けつけてもらって話聞いてもらってた。
      趣味…宝塚の御贔屓様が退団なのでお稽古待ちに通う。メンタルをイワせていても推しごとは怠らないオタク。
    • 2018年7月
      お仕事…GASを書いていた。このころからプログラミングに手を出し始める。京都の夏は死ぬほど暑いことを体感。
      趣味…御贔屓様の退団公演が初日を迎える。あまり回数観なかったけどそれはそれ、ってことでぼちぼちやってた。
    • 2018年8月
      お仕事…相変わらずGASに苦戦する運用の人。情シスの仕事は好きだった、なぁ…
      趣味…御贔屓様の宝塚での千秋楽を見送る。不器用なファンなりにあの場でやり切れてよかった。
      あとこの頃レミゼ2019のキャストが発表になり、ミーハー観劇することを誓った。(御園座でそれが実行できた)
      レミゼはミーハーやる演目なんだよ!!!!!
  • 2019年9月
    お仕事…メンタルイワせの前兆が出てくるもなんとか課内勉強会を乗り切る。プログラミングは楽しいよ、私がついてこれなかっただけで…あとProgateもちょっとやり始めてた。
    趣味…宝塚BOYS観劇してたり東京での最後のお茶飲み会に参加したり。相も変わらず気の向くまま自分のやりたいようにやっていた。
  • 2019年10月
    お仕事…これはあんま関係ないかもだけど希死念慮がちがちになって、趣味とか全部捨てて仕事に全振りした人間になりてえ…って毎日ボロボロ泣いてた。そして心療内科の通院スタート
    趣味…御贔屓様の大千秋楽を見送る。やりきりましたよ私は。
    タイタニック観劇したのもよかった。
  • 2019年11月
    お仕事…いよいよ回らなくなる。取り繕えなくなる。この時点で休養できてたら違ったのかなぁと今でも思います。産業医面談とか上司との面談とか色々してたけど、なんでしょうね私自身も現実見れてなかったしつらいばっかりになってたな。
    趣味…宝塚で新しく応援する人を見つける。よかった。TdV上演に心躍ったりキンキーブーツのチケットを確保したりする。
  • 2019年12月
    お仕事…限界を迎え休職する。しかし親にバレたら色々ころされるんじゃ…みたいになったので休職を隠しながら転職活動を地味に始める。
    趣味…なんか観劇してた。観たいものをきちんと観るだけの体力が落ちてて、観るだけで結構しんどかったのは今になってわかる話。だから、今現場通いができてるのとてもうれしいのですよ。

    あとマッチングアプリやってましたし、10月くらいからその相談用に気心知れた皆さんを招待してSlack立ててました。休職で心細くなってパートナーの得たさが募ったからですね。
  • 2019年1月
    お仕事というか転職活動…なんとなく経理で転職活動して、15社くらい面接受けて無事内定をもらう。もう辞めてるけどな。
    自分を偽ってもどうにかなるくらいには売り手市場なのかなぁ、どうなんでしょうね。
    趣味…ぼちぼち現場復帰。スリルミー観たの良かったけど体力落ちてるので結構ギリギリの状態だった。

    マッチングアプリを進捗させていましたが、なんやかんや闇をのぞくばっかりで無理してた、なぁ…
    都合2年ほどマッチングアプリ界隈にいましたが、もしかすると向いてなかったのかも、今更だけど。
  • 2019年2月
    お仕事…一社目を退職する旨伝えたらスッと通ってよかった。
    退職エントリを書いてた。

     

    fis-moll.hatenablog.com


    趣味…それなりに現場にいるオタクやってた。
    マッチングアプリ…惰性で続けてた。この時期はいい思い出がない(いい思い出がある時期はあったのか?
  • 2019年3月
    お仕事…二社目に入社。まさか3か月も持たずに退職勧奨受けるなんて誰が予想してたでしょうねハハハ。
    趣味…音楽のほうが本番前なので追い込みに入る。観劇のほうはぼちぼち。
    マッチングアプリTwitterの圧力によりアンインストールしました!
  • 2019年4月
    お仕事…なんか合わねえなあと思いながら働く&色々あった
    趣味…発表会を無事やり切る

    これは結構びっくりしたんですけど、パートナーを得るというイベントが起こりました。過去記事で交際についてグズグズ言ってたけど結果こういう落ち着き方をするのか…そうか…!という感慨深さがあります。
  • 2019年5月
    お仕事…5月末をもって退職しました!お疲れさまでした!退職エントリ二つ目は書きません。
    趣味…やはりそれなりに現場通い。身近な人を宝塚沼にまた沈めてしまった感がある。
  • 2019年6月
    無職でふわふわ生きています。7月からの職はあるのでしばし不時着中です。

半年以上心療内科通ってるし、28歳後半色々ありすぎたし、予想外ばかりですが、これくらいが面白いんじゃないかなということで…いやそういう開き直りは良くないな。
やっちまったなぁ…ということは山積みですし反省すべきことばかりですが、思ったよりも28歳って楽しかったなぁと。
ほら周りは結婚出産というイベントがあるじゃないですが、でも私はそれを選んでなくて、選べてなくて。
アラサー・メンヘラ・オタクを負い目として生きてたり、そうでなかったり、微妙なボーダーラインをふらふらしながら生き延びてしまった。

情シスから逃げて経理に転職したけど結局エンジニア復帰することにしたし、29歳っていい大人なのできちんと向き合おうねって。
逃げるだけならいくらでもできて、選ばなければ仕事はどこにでもあるけれど、目指すところはそうじゃないんだよなぁ。
何かを犠牲にして何かを得る、まで言うと重すぎだけど、得たいものがあるならそれを優先するのが筋でして。
誘惑は多いけれど、それと同じくらい応援してくれる人助けてくれる人もいるから、自分次第ですよ。

長いこと、自分一人で頑張らなきゃ、これくらいできないと意味がないからやっていかないと、誰も頼ってはいけないんだ、って思い込みが強くて、ヘルプ出すのがへたくそで、結果メンタルやられた節もあり、良くも悪くも孤独感って人の行動すら制限してしまうのだなと気づいた一年でもありました。
素直になれたのはここ最近のことで、それは、宝塚で応援していた人を見送ったり、休職して退職×2して転職×2してやっと自分の向くべき方向を認めたり、人に頼ったり自分の気持ちを伝えたりしていいんだ、って気づいたり、いろんなイベントが積み重なって今があります。

そのいろんなイベントに関わってくださった皆様に、
至らなくてごめんなさい、よりも、
関わってくれてありがとうございます、って伝えたいな。
ごめんなさいって先回りしとけばなんとかなるだろうと思って卑屈に構えるのがデフォだったから慣れてない感はあるけどね。関わっていただけるということはそれだけ私が愛されているということであり、今は感謝の念が先に出る。

よかったら、これからも関わって巻き込まれて愛してください。
私の人生、これからも面白いので損はさせません。って言い切ったぞ!

はー28歳楽しかったなぁ!!!!

 

装うことについて

 

fis-moll.hatenablog.com

 

 

fis-moll.hatenablog.com

fis-moll.hatenablog.com

 これまで度々パーソナルカラー診断の話をしてきている&Twitterでコスメやメイクや美美容の話をするのが好きなのですが、改めて「私と装い」のお話。

 

イメージコンサルティング(略称イメコン)の世界に足を踏み入れたのは2年前の初夏で、パーソナルカラーはパステルサマー、パーソナルデザインは骨格ナチュラルまで診断済みです。ほかのイメコンも受けるかなぁどうしよっかなぁとなっております。パーソナルカラーの2nd知りたいし顔タイプ診断も受けたい。
自分の系統を知ってからというものお化粧は楽しいし、コスメの無駄遣いも多少は減ったはず…いや楽しければ無駄じゃないから無駄遣いなんてなかったんや!(開き直り)

波はあるものの、イメコンのおかげで手っ取り早く自分に似合う装いはわかるようになってきたし、なんか合わない服の原因も見えたから事故らないようになったし、何より「あ~やっぱこれ似合うんだよなぁ!」ってドンピシャ引いた時の快感が最高。

でも歳を重ねたとか人から何か言われたとかでちょっとずつ自信がすり減って、もういい歳なんだから年相応にしてなきゃとか、こんなの着てはいけないよなとか世間様に合わせないととかなんとかで塞ぎこみがちになってしまうことがあります。
そういう自分は本当に面白くないから全然好きじゃないんだけど、気を抜くとそっちに落ちてしまうな。

塞ぎこんだ時には美容に走るのが一番で、その一環として本や雑誌をいろいろ読むのですが、最近一番効いたのは吉川康雄さんの「生まれつき美人に見せる」という一冊です。
www.amazon.co.jp

定番メイクをやっていけとかトレンドを追えとかそういうのじゃなくて、いかに「本能的に美人に見せるか」を突き詰めた感じが最高。
メコン無視もべったり合わせるのもちょっと疲れてきたところにこれ読んだので、うおおおお美人になるからな!!!!!という力が出てきました。

誰かのためじゃなくて自分のために美人になりたいしそうあり続けたいし、それが一番居心地良いからそうしたいのだという根源的な欲求を認めるに至ったのです。そこまでが長かったけど。

だからどうだという話でもあり、私はそうしたいんだ!という意思表明でもあり、自分のために装うのだという勢いでもあり。最近その辺の気分の浮き沈みが激しいからログとして言葉を残しておく。

故郷へ錦を飾るつもりで

 

というわけで昼間にツイートした内容を改めてブログに書きます。

私の出身校は、万博記念公園の近くにございます大阪府立千里高等学校で、40期国際文化科の出なのですが、
卒業して10年経つというのにいまだに文化祭に行き、
部活にたまーーーーーに顔を出し(※吹奏楽部OGとして定期演奏会に呼んでいただくことがあるため)、
ああ変わらぬ母校…としみじみしたり、いやでもそう思うだけじゃなくてなんか役に立つことしたいよなぁと思って日々過ごしております。

もう10年前の話。卒業するときに、「ここに帰ってくるときに、少しでも立派で、故郷へ錦を飾るような人間になるのだ」と19歳の私は心に誓っていたのでした。
そう思うようになったのは、一通りの青春と語っても語っても尽きないほどの色濃い思い出が詰まった高校三年間だったこととが影響しているのでしょう。
そういった思い出ができたのも千里高校の素晴らしく恵まれた環境あってのことで、後輩たちにも同じような体験を還元したいと強く思いながら、まあでもエリートルートで大きなインパクトを与えられるような人間に自分がなれるわけじゃないしな…と誓いを秒速で忘れようとしていました。

それでも何らかの形で母校とのつながりは保っておきたいな、と思ったので、邪魔にならないように(って配慮したつもりな時点で邪魔なんだろうけど)部活に顔出したり、文化祭とか合法的に母校に足を運ぶ機会を設けたりしているうちに、在籍期間が被っていなかったり部活が違ったりする後輩たちともSNSを通じてふわっとつながりを持つようになりました。

後輩たちももう社会人で、みんな立派だし、それぞれの生き方にそれぞれの物語があって面白いんですよね。そういうの、何かしら現役生の役に立てたり、OB・OGの世代間交流に役立てられないかなというのが一つあります。
しかし現行の同窓会組織でそれをするのが難しい(そもそも同窓会総会に若い人が集まらない)ので、いっそ別で組織立ち上げて面白いことやっちゃいたいよね、今からやる?という考えに至っております。

本当は、周年行事でスピーチできるような業績のある立派な人になりたいんですけれど、スピーチに呼ばれるOBって国連勤務だったり官僚→某動物園園長だったり、今からそのレベルに追いつこうったって色々難しいんちゃうか…というところがありまして。別のやり方で勝負していくんだったらまだいけるかな、どうだろう、今からコンテンツ力高めていったら何らか母校の役に立てるだろうか…と思案しております。

手っ取り早くできるのは別で組織立ち上げることかなぁ。現行の同窓会組織でできることも限られていそうだし…と思ったので高校名記載してこのブログを書くに至りました。あとはTwitterで呼びかけるとかかな、同じように考えているOB・OGと繋がっておきたい。

高校卒業しちゃうと大体学年ごとの同窓会くらいしか用事はなくなるし、仕事とか私生活とか忙しくてそれどころじゃないし、心が離れる気持ちもわかる、つもり。
だけど、こんなに個性豊かな面々を輩出した母校のリソースを現役世代に活用しないのはもったいないと思うんだよねぇ。
他校の同窓会組織はもっとまともに機能してるらしいぞとか聞くと、うちもなんとかならんのか…年一で会報送るだけじゃ心もとないけどそれが限界なのかなぁ。

…25歳くらいの時に、何らかの手段で30歳の時点で子供をもつ→母校に入れるというムーブをやりたいなと思ったことがありまして。
二世代で母校とかよくない?って思ってたんですけどそれはエゴが過ぎるし、そもそも自分が子供を持つ側になれるのか不明だし、それだと我が子にしかリソースを割けないし、我が子どころか不特定多数の若い世代にリソース突っ込みたいんですけど!という気持ちのほうが強いので、多分そっちのほうが自分の選択としては正解ぽい。

誰かがスタートアップをやるだろうとか期待しているとあっというまに時間は過ぎるし、その期待してる状態って自分が何らかのロールがあるんじゃなくてモブなんだよね。
モブやってる間に「ああしてたらよかったな」とか「こうなっていればよかったのに」とか後悔と誰宛でもない不満ばかりつのるのってキツいので、改めて動き出そうと思う次第であります。
どうやって?はこれから、
目的は「世代間交流の活性化を通じて、母校を現役世代にとってより豊かな環境にするため」、
動機は「自分が受けた恩を返したい」
以上です。

 

文章とっ散らかってんなーーーーいいやこれで出しちゃお。

近況まとめ

  • 退職しました
    これは良い子はマネしちゃいけないやつだしこうなってはいけないパターンの退職事例ですが、退職勧奨の結果5月末をもって前職を退職しました。
    色々あったけどここでは伏せるし、私も反省すべきことはたくさんある。
    RクルートAジェントから、退職したってマジ!?(意訳)みたいなメールがきたのでそうやでって返したところです。コンサルティングフィーを返還しないといけないタイミングでの退職だからねえ…気の毒に。
  • 転職先が決まりました
    退職について雲行きが怪しくなってきた時点で転職サイトに片っ端から登録して動いており、五月半ばからはレバテックを通じて転職活動をしておりました。
    昨晩採用通知貰って内定承諾書にサインして、7月1日からIT業界に戻ります。インフラエンジニアになるよ。
    一応経理と情シス両方の経験があるものですからエンジニアでいっとくか、みたいなのと、タイミング的に経理で拾われるのもアレやなあどう理由つけよ…ってなったのと、資格を取得するとたくさんお小遣いがもらえて給与にも反映されるようなところがええなあと思い転職先を決めました。

    これ、私の父と同じ考えなんですよね。我が家は祖父の代から家族みんなエンジニアで、結局同じルートを辿るのかと思うと感慨深いです。
    エンジニアの稼いだお金で育ってこうなった、というのがポイント。

    ふわっとふらっと、IT×会計のひとになりたいなあ~と思っていたのがそうなるしかないルートに立たされたので、退路は断たれたのだよ。
    幸いにして応援してくれる人には恵まれているから、あとは自分が頑張るのみです。
  • 取得する資格
    今年の秋は基本情報技術者試験と簿記検定二級取得します宣言~!
    言い切ったので今から勉強開始です。どっちも中途半端に勉強して落ち込んでぺしょんってなって諦めてたとこあるけど、合格してる人がいるってことは自分にもいけると思ってやるしかないな。
    あとTOEICどこで入れようかな。ここまできたらIT×会計×語学の人になってスペックを上げていこう。
  • 演奏会のご予定
    10月12日(土)に東京は門前仲町で、12月半ば(多分14日土曜日)に大阪は箕面で演奏会を開きますよ!
    6月はレッスンのご予定がないので楽譜作成とこれまでやってきた曲の棚卸に励みます。
  • 観劇
    とりあえず年内の予定は埋まったので年明けのチケットのことを考えています。ヅカヲタミュヲタは半年先の予定を埋めちゃうのがデフォだったわね!となぜかはしゃぎ気味で感覚を思い出す。
    というのも休職中に体力もテンションも落ちてあまりチケット業務張り切れてなかったので、好きなことにガッとのめり込めるというのが嬉しいのですよ。
    無理のない範囲で予定埋めていくぞ~!
  • ストレスコーピング
    昨今のニュースを見ていろいろ思い出すところがありしょんぼりしちゃうことが多いのですが、いちいち正面から受け止めるときついのでコーピングの術を模索中。
    嫌なことがあったら筋トレと美容に逃避して早く寝るのがいいです。

    そういえば卵巣をイワせているのですが(腫れている、婦人科で経過観察中)、前職中毎日腫れて痛くて、で痛み止め飲んでもあまりにも状態が良くなくてジムお休みしてたのを再開しました。

今年も折り返しに入ってきました。
退職×2、転職×2をやらかしているのでこれ以上何があっても驚きません。タフにやっていきましょう。