やるだけやったら出たとこ勝負

言い訳の出ないところまでやってやりたい、と思う意識そこそこ系会社員の記録。

8月折り返し/ポータルなど

・8月折り返し

今日で夏期休暇最終日、5日間の休みはやっぱり短いなと思う。
趣味方面とおしごと界隈をゴリゴリに充実させるとやっぱりその分時間は減るもので、平成最後の夏だからとできる思い出はみなそっち方面、花火大会も浴衣もない平常運転である意味安心しています。

出来なかったこと数えるよりもできたことに目を向けるのが平常運転かなと…
しかし残タスクはあるのでここに書き残しておく。

ゆうちょダイレクトのパスワード再発行
・粉瘤について初診をどこか適切な病院で受診
・基本情報申し込んだので継続した勉強を…
・アルバムに入れずに引き出しに押し込んだ写真の整理
・化粧品を思い切って捨てる

もう秋口になっちゃうし、陽射し相応のメイクとお洋服にシフトしていきたいなぁー。

・ポータルなど
ゾウポータルを本運用させております。

初めてみないとわからないことだらけで、Workpressのプラグインとかカスタマイズ方法とかもしかしたらHTMLわからないと険しい!?とか技術的なこと、また大好きなゾウさんたちの情報を世に発信するにあたって、わかりやすいテキストをかく難しさなどなど壁ばかりです。
でも楽しいからいいや。

 

ノエビアのパーソナルカラー診断を受けた話(後編)/見た目の話

・パーソナルカラー診断の後編
前編はこちら。
http://fis-moll.hatenablog.com/entry/2018/07/01/215212

一週間前のことだからあまり記憶がないのだけど、
・ベース、眉、リップ、アイメイク(このあたり記憶が曖昧)の中から2つ選ぶ
→ベースと眉を選択
・メイクを落としてもらう
・解説を聞きながら、半分はノエビアのスタッフさん、半分は自力でメイクを実践する
というものでした。
あと最後に化粧品オススメされる。

たぶん本や雑誌やTwitterInstagramで美容・メイクの情報を取り入れつつ実践されている方からしたら既知の情報が多いのかもしれないけれど、改めてプロから教わるというのは発見が多く学びがあります。

前回とあわせて2度ノエビアでフルメイクした感想は、普段ノエビアのものを使わないので、さっと塗るだけで品の良いお顔に仕上がるところが良かったです。パール感とか彩度が良いし、普段はひたすら時短で仕上げるか自分好みに走るので、見違えるものだなあと嬉しくなりました。

そこそこ楽しく終わったけど、人と一緒でなく、一人で受けたのが一番大きかった気がする…

・見た目の話
質問箱に頂いたお言葉から思ったこと。

自分が思う以上に美醜への固執がテキストに出てんだろうなあと思うし、振り返ると特に眉毛へのこだわりは強いしそこで判断しがちなのも事実。

自分がうつる写真(自撮りも他撮りも)を見たときなんかおかしいなと思ったら大体眉毛とチークが事故だとかそんなことばかり気にして生きてたらそりゃ固執にもつながるし、自分が楽しんでいると思っているお化粧、ほんとに楽しめてんのかなあと。

…いや楽しいんだけど、確実に、自分の中での「こうあるべき」は存在する。
自分が正しいと思ってもないはずが、固執するものごとについては解釈/熱量が違うと関わりたくなくなるのなかなか。
こと見た目の話になると、見た目は中身を表すものと心得るから気になる。どんなお化粧でも服装でもトータルの印象に違和感あると拾ってしまう。(スルーして中身を見ようと思えないあたり三流だよな)
そして見た目より中身、は信用できないあたり、固執からか。それが認知できただけでもよかったのか。

…見た目でなく人と関われたらと思うがそれってTwitterでは。

ノエビアのパーソナルカラー診断を受けた話(前編)

ノエビアのパーソナルカラー診断&メイクアップレッスンを受けてきたのでメモ。

詳細はこちら

http://shop.noevir.jp/color/sp/index.htm
5,400円払って受けたけど2,160円で受けられるタイミングがあるようなので、迷われてる方はぜひ安いときに…

前提として、
・去年パーソナルカラー診断済(ブルベ夏)
・普段のメイクで困っていること、フォーカスすべき肌悩みなし(粗がないわけではないが取り立ててケアしていないだけ)
・付き合いで行った
・私はMACが好きだな
という感じです。

店舗に入るとメイクアップブースみたいなところに連れて行かれて、そこでノエビアの会員登録の用紙を書きます。どうでもいいけどこれ事前入力させたほうが処理楽なのでは…と思いました。手書きのものを入力する労働はなるべく排除したほうが良い。
また、住所氏名などと、普段のファンデーションの色やヘアカラー、好きな色などを用紙に記入しました。

最初に、イエベ春・ブルベ夏・イエベ秋・ブルベ冬の4分割ではなく、よりアジア人に合ったクールドミナントナチュラル・ウォームドミナントの3パターンに分ける旨説明があります。
ナチュラルの上にブルーのフィルムを被せるとクールドミナント、イエローのフィルムを被せるとウォームドミナントになる実演がありました。

メイクした状態で行ったので落としてもらって(プロに落としてもらうのは気持ちがいい)、診断自体はスキンカラーチェックから始まります。
あ、メイク落としてもらう時点でターバンで顔周りを耳までおおいました。あと白いケープをかぶった。

色見本を顔と首に当ててもらって、クールドミナントのピンク系の色味よりも、ナチュラルの色味のファンデーションのほうが合うという結果になりました。

次にフィットカラーチェックを行いました。
4色の布を顔周りに当てるのですが、
ピンク(リップの色味をみる)・青(多分服の色?)・緑(これも多分服の色)・茶(髪色をみる)の中から2色選びます。
青・茶共にクールドミナントのものがよく似合うという結果になりました。

あとは自分にあうようなベースメイクを施してもらい、ノエビアの化粧品を使ってセルフメイクを行います。
普段と形状の異なるツールで顔に描き込むのは勉強になりました。あとノエビアは品良い具合のパール感ですね。上品に仕上がる。


ここまでが第一回。二回目はポイントメイク教えてもらえるらしい。

資格取得/認知の歪み/コンテンツ

・資格取得
何者かになろうとしても結局は自分にしかなれないのだ。だからこそ、「何者か」の片鱗としての資格取得に帰結するね。
私は私という解に辿り着くルートは複数あったほうが面白い。

・認知の歪み
開き直らず向き合うこと、直向きさでカバーは残念に思われるだろうな、けどひねて斜に構えるよりかはマシ。泣きながらでも一つずつ積んでいけばその先に解があると信じて。

・コンテンツ
ポータルサイトのサーバ代支払うたびに、このお金で他に何ができるだろうな?と考える。
もっと面白くしたいし、そのために時間をかけたいし頭も使いたい。
言ってしまえば承認欲求を満たす柱を複数用意するに過ぎないのだけど、大事だよ。

梅雨入りの夜

ふいに今この時点から一年間を振り返ると、
彼氏つくるだとか婚活みのあることをいっていたわりに成果はないし興味も薄れるしちょっと今それどころじゃなくなってるし、
痩せてもないし、知識がさして増えたわけでもないし逃げ癖は治ってないし、あとなんだ…そんな目立った成果が出ていないの少し悲しいところ。
でもポータルサイトは立ち上げたし、過度に自分を責めて自傷みたいに落ち着くことはなくなったし、自信のなさを虚勢で埋めることもしなくなったし、いいのかなあ。いいんでしょう。

 

朗らかに暮らす、もハードル高いことあるけれど、やるべきことを淡々とやる、お気持ちよりも事実ベースで対応する、ならイメージがつく話。
と、これは最近観たミュージカルに影響されてのこと。お気持ちを表出するより、感じるより、先ず事実をみてそれからだよなぁと思うのです。

 

思えば運で生かされてきたような人生、そこを恥じることはないけれど、持ち前の運に実力もつけてさらにキリっとやっていきたいものです。
無理できる範囲も知れているし健康第一楽しいこと大好きはやめられないけれど、やるべきこと積んでその先で調整しましょう。目指すは高みです。あ、久しぶりに高みを目指し始めた!

年甲斐なんて知ったこっちゃないし私についてこれないなら要らないし、私は尊重されて当然くらいの勢いで(しかしそれは傲慢に振舞うということではない!)輝いていきたいなと思う梅雨入りの夜です。やるぞ。

ほしいもの10選(iHerb/Lookfantasitic編)

欲がないと人生つまらないので、ほしいものを書きだします。買ったら使用感を報告する。
iHerbとLookfantasitic(以下Lf)好きなので、それらで扱っているものを書きます。

iHerbがこちら

jp.iherb.com

Lfがこちら

Lookfantastic|スキンケア|コスメ|ヘアケア|送料無料

ご存じない方のために説明を付け加えると、iHerbLfも海外通販です。iHerbはアメリカ発でサプリメントや自然派食品からコスメまでそろっていて、Lfはイギリス発で美容に特化しています。
ざっくり言うと、
到着が早い&一定額以上送料無料なのはiHerb、到着がゆっくり&購入金額に依らず送料無料なのはLfです。

個人輸入に際して関税に引っかかる額など色々気を付けることがあるので、
iHerbで購入される方はこちらのページを、Lfで購入される方はこちらのページをお読みくださいね。

…本題のほしいものの話をします!

iHerb編

・入浴剤

Life Flo Health, ピュア・マグネシウム・フレーク, 塩化マグネシウムブライン, 2.75ポンド (44オンス) - iHerb.com

ほしいというか一回使ってみてよかったのですが、マグネシウムの入浴剤に浸かると保湿・疲労回復・安眠・発汗が他の入浴剤よりも感じられたのでやっぱり継続したいなと思っています。週2くらいで使うと良い。
コスパはこっちのほうがいいかな…

 

Now Foods, 溶液, マグネシウム・フレーク, 純粋, 54オンス (1531 g) - iHerb.com

・肌、爪、髪によいサプリ

Solgar, ソルガー, 肌、爪、髪に、 アドバンスMSMフォーミュラ、120錠 - iHerb.com

爪のピンクの部分が短いのが気になるので爪を育てたいのと、肝臓への負荷がかかりすぎない範囲でサプリ足して健やかに暮らしたいという感じです。どんな化粧品も良い食事と良い睡眠に勝てないと思っているのだけど、よい食事も必要な栄養足りてなかったらいまいちなのかしらと思い。

・ボディオイル

Aura Cacia, アロマテラピー・ボディオイル、 リラックシングラベンダー、 4液量オンス (118 ml) - iHerb.com

わたしはお手頃価格でガンガン浴びることのできるようなものが好きらしい…ということでこのボディオイル欲しいです。今アーモンドオイル浴びて保湿してるのですが、香り付きのものもよさそう。

・茶こし

iHerb Goods, ステンレススチール ティーインフューザー - iHerb.com

ロンドンティールームの茶こしみたいな感じの!これがあったらティーバッグでない茶葉を手軽に淹れることができるのでQOL向上待ったなしです。

・化粧水

AnneMarie Borlind, Rose Dew, Hydro Stimulant, フェイシャルトナー, 5.07液量オンス (150 ml) - iHerb.com

iHerbで扱うもののなかでは比較的高価なブランドになるのかなという感じです。とろみのある化粧水あまり使ったことないので気になるのと、ドイツのものに信頼を置きすぎる傾向があるのでこちらもご多分に漏れず。保湿したい。

Lookfantastic編

※コスメの話です。上から4つはPixiというブランドのものの話ですが、PixiははiHerbでも買えるのと、iHerbの方が安いものもあるので、比較して買おうと思います。
一応言っておくとパーソナルカラーはプロ診断済みのブルベ夏です!

・アイシャドウ

PIXI Ultimate Beauty Kit - 4th Edition

お色味がめちゃくちゃのめちゃに可愛くて震えながらキーボード打っているよ…ブルベにハマる色ばっかでズルいしこういう顔で365日を幸せに彩って生きていきたくない?私はそうしたい!

絶対持て余すとわかりつつ笑、手を出したくなるよねえーパレットは夢が詰まっているね。

Pixi メスメライジングミネラルパレット - アメジストオーラ

Pixi メスメライジングミネラルパレット - オパールグロー


これも素敵すぎてびっくりする…眼差しに宝石の色どり…

・リキッドチーク

PIXI Sheer Cheek Gel


最近はエチュードハウスやスウィーツスウィーツなんかでもありますけど、こちらも気になる。使用感もさることながらハマる血色感かどうかが大事で…
ハマる色っぽいからほしい、というかPixiはブルベに優しい色展開な気がする。

・化粧水

PIXI Rose Tonic 100ml

PIXI Glow Tonic 250ml

顔に塗るものでどれだけ効果が出るのか非常に気になるので投入したい次第。iHerbで寄せられている口コミも評価いいし…あ、化粧水はiHerbのほうが安いかもです。

・お化粧後にかけるミスト(お化粧を定着させるやつ)

PIXI Makeup Fixing Mist (80ml)

これは今こういうのを使う習慣がないから興味があって、という話です。これからの季節仕上げに顔にシュッってやるの気持ちよさそう。

・ハイライター

www.lookfantastic.jpこれはNYXのもの。普段そんな使わない割にハイライター好きでハイライター難民みたいなとこあるのでつい…真ん中のお色味が非常に気になります。チークに重ねたいし顎先に入れたいしおでこに入れたいし…光を集めて丸みを出すようなのがしたいですね。

 

まとめると、
爪髪肌の健やかさを気にかけながら茶こしを用いて美味しいお茶を飲みつつブルベにハマる色で顔を彩り、いい感じの化粧品でキマりながら入浴を充実させ、保湿もしっかりして眠りにつきたい、という感じですね。
この中でどれだけ買うのかなー。

 

 

いないものがいた話

仮想敵と言いますか、いないものと戦っていた時間は案外長いものでした。

ふと給与明細見て昇給幅計算したら、思ったよりも少なくて、色々思うところある会社員六年目です。
自分の落ち度、自分ひとりすら満足させてやれない不甲斐なさ、会社について思うところないわけじゃないけれど、自分がやってることはお金に反映されなかったんだなと認識することは予想以上にしんどいことで、どうしたものかね…と少しの夜更かしと不摂生で今に至る。

ある人は、
良かったねいま気づけて、まだまだ伸びしろがあるよ、と冷静に言う。
ある人は、
つらいなあ、気の毒になあ、ここまでようやってきたなあ…と寄り添う。
ある人は、
取り敢えず食べて寝たら…とアドバイス
ある人は、
楽しいこと考えよう?既に入れてる予定のこととか、欲しいもののこととか!と励ましてくれる。

これ全部自分から自分への言葉なのですけど、救いは、誰も責めたりしてないこと。
自分で自分を責めるときは、かけた期待が反映されなかったことに起因するもので、そう思うと今の事象と気持ちとにかける期待と行動がある意味適当なものであったのかなと思います。
…まー向上心から逃げて仕事してたらそうなるわねって感じ。


その昔、そんなに遠くない昔には、いない敵がおりまして。自分のことをボロクソに吊し上げて起き上がれないくらいに扱って一人前、と思っている、敵がいたようで。
誰かが自分のことそうやって吊し上げるに違いないと思っていたから、その適は「存在する」と見做されていたし、近くにいないなら代わりに自分がやっておかないと、という使命感すらありました。

また、私の友達には、私よりも努力して結果を出している人が多くいるのですが、どうやら、そうした人たちは私みたいな結果出せないようなのは見下されるのではないかと懸念していました。
実際はそんなことなくて、というか付き合う際に仕事の出来は加味されないようで、それどころか彼ら彼女らもいっぱい悩んで、行動して、失敗して、でもそこからまた踏み出して生きていたと解り、見下されるのではないかと思っていたのは、「いない敵」だったのだと、思い知るのでした。

いない敵は、いることにしたほうが「敵がこう言ってるから戦わなきゃ」と理由が作れるのだけど、「敵がいるから戦う」のではなくて「自分がなりたいものがある」からやっていく、なのに鬱屈すればするほど、何になりたいかはわからないけど敵はいるし嫌われたくないしみくだされたくないし、みたいなのが溜まって結局ブレる一方。

たぶん10年位、そんな感じだったんだな。
家族のこと(主に、愛されてこなかったのでは、の気持ち)、学歴コンプレックス、所謂「普通」と違うと感じるあれこれ、仕事ができないこと、勉強が追いつかないこと…
それはそれとして、やっていきましょうよ。
間違った方向でやってたと気づいたらそこから修正かけたら良くて、やり続けなきゃ、現状維持をやめなきゃ、何にもならないんだから。

かくて「いないもの」は「いた」存在になり、やっぱり「いない」になる。
自分が満足するかどうかと、ひとからの評価でバランスとって、明日もやっていくよ。